素敵な家に住みたいなら!

素敵な家に住みたいなら!

リノベーションとリフォームは何が違う?

リノベーションとリフォームは何が違う? 住環境を快適にするリフォームやリノベーションは人気がありますが、この2つの施工に対して違いが分からないという方も存在しています。
リフォームの場合は狭い範囲で短期間で済ませられる施工が該当しており、例えば外壁と屋根の塗装、キッチンや浴室、トイレなどの水回りの設備の施工、床材の張り替えやクロスの張り替えも該当してます。
リノベーションは更に広範囲にわたる施工内容になり、仕切りとなっている屋内側の壁を撤去したり、間取りを大きく変更したり、外壁を壊して屋外側に新しいスペースを確保する内容、総二階から二世帯住宅に施工する内容も含まれています。
大規模改修とも呼ばれているリノベーションなので、元々の住宅内のイメージと機能性を一新することを前提にしていることも違いがあります。
人気の高い事例の中にはリビングの面積を以前よりも広くした上で、窓側の天井部分を吹き抜けにしたり、従来型のキッチンをオープンキッチンに変更する施工が該当してます。

新しい機能を付加できるリノベーションを選択

新しい機能を付加できるリノベーションを選択 中古住宅を購入してリノベーションを行うと、新しい機能が加わるので建物の価値が上がります。
リノベーションならライフスタイルに合わせて内装や外装、設備に加えて間取りも変更できます。
活用できる中古住宅を再生すれば、環境の保全にも繋がります。
中古住宅は新築住宅よりも価格が安く、新築住宅の購入資金で中古物件を買えば余った資金でリノベーションの費用を賄えます。
リノベーションを選択すると、様々なメリットがあります。
中古物件は選択肢が多く予算や立地、理想の条件に合う物件を見つけやすいです。
理想の暮らしに合わせて内装や間取り、設備を自由に設計できます。
工事の期間は半年が目安ですが、事前の準備が整っていれば工事の短縮も可能です。
専門会社により工事の得意分野が異なるため、事前に見積もりを出してもらって最適な会社を選択します。
現地調査の結果で希望していた工事が難しい場合は、希望に近い代替案を出してもらいます。
明確なイメージと情報を伝えると、理想に近いプランを立てやすくなります。

 

Copyright (c) 2022 素敵な家に住みたいなら!. All rights reserved.